空に向かって走る

ときどき英会話、ときどきTOEIC、ときどき便利なこと。思いついたことを書きためます。

needをもっと上手に使おう!絵を見たら分かりやすい

今日紹介したい単語は「need」です。


中学校で習う基本的な単語ですが、実際の会話
で日本人はなかなか使おうとしない単語…。
 
英会話教室で先生に指摘されるまで使ったことなかったな…と思った単語の1つです。
 
多くの日本人がneedをあまり使わないかというと、主な理由は「want 」または「would like to」で表現したがるからだと思います。
 
語句の用法も同様なので、上手に使い分けたいところ。
 
どちらも「I need you to〜/I want you to〜」の形を作ることができます。
 
・I need you to help my homework.
あなたに私の宿題を手伝ってもうらう必要がある。
 
・I want you to help my homework.
あなたに私の宿題を手伝って欲しい。
 
 
実際の会話の中でも「need」と「want」は話し手の希望を述べる点で非常に似ています。
個人的な考え方ですがmustとhave toに近い感覚だと思っています。
 
needの方が「必要に迫られている」というニュアンスが強いです。
 
・「need」:〜が必要である(客観的)
・「want」:〜が欲しい、必要である(主観的)
 
 
例文でみてみましょう。
・I need to go to bed soon.
すぐに寝る必要がある。(明日は朝早いんだ・・・といった感じ)
 
・I want to go to bed soon.
すぐに寝たい。(今疲れているんだ・・・といった感じ)
 
( )のニュアンスは例ですが、なんとなく伝わりましたか?
wantのほうが主観的な気持ちが強く含まれます。
 
Ufunkというサイトで面白い画像を見つけたので、紹介します。

www.ufunk.net

お金は必要(need)、ベーコンは欲しい(want)・・・等。

絵を見るだけで違いが分かります!!

わ、分かりやすい(O_O)