空に向かって走る

ときどき英会話、ときどきTOEIC、ときどき便利なこと。思いついたことを書きためます。

Mac初心者向け|購入時にやるべき10のこと!環境設定編

新しいMacBook Proを購入し、半ば強制的にOSがEI Capitanになりました。
今まで使い慣れたSnow Leopardとお別れしたので、また一から設定の見直しが必要になりました。

今回は環境設定に注目し、簡単にできる設定を紹介します。

私個人の好みの部分が強いので、適宜好みの設定に変更にしてください。

1. 日本語入力支援ソフト

早速環境設定ではありませんが、ご愛嬌。

Macは昔から日本語入力の変換が最悪だと言われてきましたが、それは今も変わらず。
初期設定のままだと記号の入力さえままなりません@@;
そこで必須なのが、入力システムです。

ATOK(有料)

日本語入力システムの代表で、まずこれを入れれば間違いなし。
予測変換や手書き入力など、痒いところにもすんなり手が届く。
というかコレさえあれば、まず困ることはないというくらい最高な出来のソフト。
プレミアム版もベーシック版も基本機能は全く同じ。

f:id:upasan:20160430131527j:plain

製品情報 | 日本語入力システム ATOK 2015 for Mac | ジャストシステム

 プレミアム版にすると電子辞典機能や各種クラウド機能が追加されます。

 

文字入力がスラスラできるとストレスフリーなんですよね。

ダウンロード版で6,800円〜です。
毎日使う文字入力なので、安いといえば安い買い物です。

私の持っているATOKは2009なので、EI Capitanに対応しておらず・・・。
そのうち買おうか検討中。

次に紹介するGoogle日本語入力もオススメですが、一度ATOKを知ってしまうともうATOK無しで文字入力ができなくなりますよ。

Google日本語入力(無料)

f:id:upasan:20160430143538p:plain

 無料でなんとかしたい方はGoogle日本語入力一択です。

変換の賢さではATOKに負けぬ劣らぬ充実っぷり。
その他絵文字入力機能など、一般的な文字入力であればこちらで十分な機能を備えています。
コレが無料だなんて、さすがGoogle先生!

以前はGoogle日本語入力でWordを使用するとクラッシュする問題がありましたが、今は解決していそうですね。
もし文字入力時に使用しているソフトがクラッシュすることがあれば、まずはここを疑ってみてください。


システム環境設定

2. トラックパッドの設定

【システム環境設定】→【トラックパッド】より

SnowLeopardの頃と比べてトラックパッドの設定がだいぶ変わったように思います。
私が変更したいのが、この「スクロールの方向」です。
オン:指を動かす方法にコンテンツが移動する
というもので、好き嫌いが分かれるところですが、私は断然「オフ!」
f:id:upasan:20160428223746j:plain

3. キーボードの設定

【システム環境設定】→【キーボード】より

キーボードでカタカナを入力する際、私は基本的に「F7キー」で変換します。
その他、全角・半角英数などを入力する際にもこれらのファンクションキーを多用します。

f:id:upasan:20160428224145j:plain
キーボードの設定から、「F1, F2などのすべての〜」にチェックを入れます。
ここも好き嫌いの分かれるところ。

4. Mission Control

【システム環境設定】→【Missoin Control】より

初めてMacを使用する方にもオススメしたい機能の1つ、Mission Control。

これを使うと、開いているアプリケーションのサムネイルが一覧で表示されるというもの。

http://www.flickr.com/photos/28585727@N05/5480610764

 

こんな感じですべてを見渡すことができるため、目的のウィンドウにすぐたどり着けます。

photo by Emmanuel Alanis

f:id:upasan:20160430132722j:plain

 環境設定画面で、好きなキーを割り振ります。

「^キー」は「Controlキー」を示していますので注意。

上の写真の場合、「Control+↑」でMission Controlになります。

「 F3キー」に登録すると、キーボード上の表記と揃うので覚えやすいです。

他の機能も同様です。

f:id:upasan:20160430133446j:plain

5. 音量の表示

【システム環境設定】→【サウンド】より

メニューバー(画面の右上)から音量を変更できるようにします。

f:id:upasan:20160430134352j:plain

【サウンド】の画面下の【メニューバーに音量を表示】にチェックを入れます。

 

6. Dockを隠す

【システム環境設定】→【Dock】より

Macのノートパソコンであれば、少しでも画面を広く使いたいので、Dockを隠します。

Dockとは画面したに表示されるアプリケーションのアイコン一覧のことです。

f:id:upasan:20160430134838j:plain

 【Dock】で【Dockを自動的に隠す/表示】にチェックを入れます。

 使用時はマウスのカーソルを画面下に近づけると表示されますので、ご安心を。

ここでDockを画面のどの位置に表示するか、サイズの変更等が行えます。

Macが重たいと感じたら各エフェクトを外しましょう。

 

7. ファイヤーウォールの設定

【システム環境設定】→【セキュリティとプライバシー】→【ファイヤーウォール】より

 しばらく気がつかなかったのですが、購入時はオフになっていました。

インターネットに接続するなら安全のため必ずオンにしましょう。

f:id:upasan:20160430135444j:plain

 

8.  メニューバーを隠す

【システム環境設定】→【一般】より

Dockと同様に画面上のメニューバーを隠すこともできます。

これは無理して設定する必要はないけれど、11インチとか小さい画面のMacBookにはオススメの設定。

f:id:upasan:20160430140206j:plain

【メニューバーを自動的に隠す/表示にチェックを入れます。

9. アプリのアップデートを自動ダウンロードをさせない

【システム環境設定】→【App Store】より

アプリケーションの最新バージョンが出たら自動でバックグラウンドでダウンロードしてくれる機能があります。

嬉しいような便利機能ですが、勝手にダウンロードされても煩いのでオフにします。

f:id:upasan:20160430141003j:plain

反対に、自動アップデートからインストールまでバックグランドでやってほしい!という場合は上の2つにチェックをいれましょう。

OS Xのアップデートも慎重に行いたいので私はオフ。

システムデータファイルとセキュリティアップデートは安全のためにもインストールさせましょう。

10. 通知センターの設定

これはシステム環境設定からではなく、通知センターから変更します。

通知センターはデスクトップの右上です。

f:id:upasan:20160430141546j:plain

 通知センターで株価や天気が表示できますが、私には不要なので消します。

ここでメモリはどれくらい使っているのだろう?

画面下の「編集」を開き、不要なものは「ー」ボタンで削除します。

 

 以上、簡単な設定変更でした。

今度はおすすめソフトなんかも紹介しようと思います。