空に向かって走る

ときどき英会話、ときどきTOEIC、ときどき便利なこと。思いついたことを書きためます。

英語のお手本-そのままマネしたい「敬語」集

英語には敬語がないとかあるとか、いろいろな意見を聞きますが本当はどうなんでしょう。

私は英語で話す際、丁寧に話そうと心がけていますが、「丁寧な表現」という感覚は非ネイティブの私たちには分かりません。 

f:id:upasan:20160505111652j:plain

 自分が話している内容が、実はタメ口だった?とか、ぶっきらぼうな言い回しだった?など、気にする人も多いのではないでしょうか?

得にビジネスシーンでは重要なポイントですよね。

 

そうした英語の表現の幅を広げてくれる本がこちら、

英語のお手本-そのままマネしたい「敬語」集

本屋さんで見かけたことがある方もいるのではないでしょうか?

帯に「ゴールドマンサックスで教わった丁寧な書き方・話し方。」と書かれていています。

ゴールドマンといえば世界最大の投資銀行で、まさしく最高峰のエリート集団です。

そんなゴールドマンで教わった内容だなんて興味あるな〜と思いませんか?

 

TOEICの特急シリーズでお馴染みの朝日新聞出版が出版しています。

マヤ・バーダマン 著 / ジェームス・M・バーダマン 監修です。

ジェームス・M・バーダマン氏は「毎日の英文法/毎日の英単語/毎日の日本」の著者で知られる早稲田大学教授です。

全10チャプターで構成

CHAPTER0――英語の「敬語」

CHAPTER1――メールの基本

CHAPTER2――招待する・依頼する

CHAPTER3――問い合わせる

CHAPTER4――電話対応

CHAPTER5――謝罪する

CHAPTER6――確認する・催促する

CHAPTER7――お知らせする

CHAPTER8――意見を述べる

CHAPTER9――毎日のオフィス英語

英語のお手本――そのままマネしたい「敬語」集

 チャプター名からも分かるように、主にビジネスシーンで使われる内容が書かれています。

特にオススメなのが、チャプター0とチャプター1です。

いきなり実例に入るのではなく、敬語の基本から教えてくれるので、応用力が身につきます。

英語の「敬語」とは? しくみと使い方をレクチャー

【例1】クッション言葉で柔らかくする 
I am afraid that~(申し訳ないですが)
I am sorry to trouble you, but~(お手数をおかけしますが)
It would be great if you could~(~してくださるとありがたいです)

【例2】リクエスト形式にする
Could you~?(~していただけますか?)
Would you please~?(~していただけますか?)

【例3】単語を「格上げ」する
try→attempt(試みる)
difficult→challenging(難しい)
chance→opportunity(機会) 

英語のお手本――そのままマネしたい「敬語」集

 【例3】の「格上げ」の使い方が印象的で、同じ意味の単語でもちょっとしたコツで丁寧になることが分かります。

 「配る」を意味する「distribute」と「hand out」の違いなど。

 

なかなかこうした基本を教えてもらえる機会は少ないですよね。

 

ビジネスシーンを中心に書かれていますが、日常会話においても丁寧な言い回しは必要なので、誰にでもオススメできる内容です。

よく使うフレーズを豊富に掲載

I look forward to working with you.(お仕事ご一緒できることを楽しみにしております)
I ask for your kind cooperation.(ご協力のほどよろしくお願いいたします)
Thank you for your hard work.(お疲れさまです)

例文もビジネスシーンを意識しており、実際に使えるような言い回しがたくさん見つかります。 

そのままコピペで覚えて、すぐにビジネスシーンで活用できるのは便利です。

英英辞典も上手に使おう

英英辞典でも単語や言い回しの丁寧さやビジネスシーン向けなどを確認することができますが、この本で基本を理解してからのほうがより一層分かりやすいと思います。

コウビルド英英辞典で「distribute」を調べると、動詞2の用例では「BUSINESS」の記載を見つけることができます。

f:id:upasan:20160505114121p:plain

Collins Dictionary | Always Free Online.

www.tsurezure-english.com

以上、英語のお手本-そのままマネしたい「敬語」集のご紹介でした。