空に向かって走る

ときどき英会話、ときどきTOEIC、ときどき便利なこと。思いついたことを書きためます。

ますます進化!!Shazamで音楽をもっと楽しもう

CMで流れている音楽や、街中で耳にする音楽の曲名を知りたいときに便利な「Shazam」。

いわゆる音楽認識アプリで、ボタンを押してアプリに音楽を聴かせるだけで、的確に曲名(歌手名+楽曲名)を教えてくれます。

もちろん邦楽も洋楽もその他様々なジャンルに対応しています。

 

Shazam意外にも同様の音楽認識アプリがありますが、中でもShazamはナンバーワンの人気と信頼。海外では多くのアーティストに利用されています。

f:id:upasan:20160505205534p:plain

 このアプリは私がiPhone4の頃からインストールしていて、使う頻度はあまり高くはないですが、あると安心なアプリ。

Shazam機能はSiriだけでも使える

実はiPhoneのSiriでも音楽認識させることは可能です。

f:id:upasan:20160505201625j:plain

ホームボタンを長押しでSirを起動し、「この曲何?」と話しかけると・・・。
「Sia」の「Chandelier」と教えてくれました!
大正解!!
購入ボタンを押すとiTunes Storeに移動します。
右下にはSHAZAM®のアイコンが見えます。Shazamと提携しているのかな?
(SHAZAMアプリがインストールされていなくても音声認識は可能です。)
Shazam - 音楽認識

Shazam - 音楽認識

  • Shazam Entertainment Ltd.
  • ミュージック
  • 無料

  Siriだけでも音声認識は可能ですが、Shazamのアプリにはさらに面白い機能もあります。

そんなShazamアプリを久ぶりに使ったら凄い進化を遂げていたのでご紹介します。
 

Shazamの使い方

1. 音楽認識

1番基本の音楽認識はアプリを立ち上げ、ロゴを押すだけ。
しばらくすると結果が出てきます。
ここまではSiriと同じですが・・・。

f:id:upasan:20160505203016j:plain

 結果画面では、
1. 曲の一部を再生
2. 歌詞の確認
3. SNS(LINE, Twitter, Facebook等)で共有
4. 動画(YouTube)の再生
5. 関連した楽曲を紹介・・・など

といったSiriでは使えなかった様々な機能を使うことができます。

 そしてShazamした楽曲は「マイShazam」として保存されます。

サインアップすると携帯を機種変更してもマイShazamを引き継ぐことができます。 

f:id:upasan:20160505203818j:plain

暇なときにマイShazamを見返してみると、なかなか楽しいのでオススメです。

これを見ながらTUTAYAにレンタルに行くのも楽しそう。

 

好きな楽曲をShazamしたら、アーティストをフォーローすることができます。

今までの「楽曲名を調べて終わり」からSNS要素が加わった感じです。

最近ではShazamに参加している有名アーティストも増えているので、音楽の楽しみ方の幅が広がるかもしれませんね。

2. SHAZAMクイズ

いつのまにか実装されていた機能の1つで、イントロクイズのようなものです。

といってもイントロではなくサビあたりのメロディが流れます。

16のカテゴリから挑戦できます。

f:id:upasan:20160505204823j:plain

点数はSNSでシェアできます。

このクイズの面白いところは、クイズごとに楽曲名を知ることができるので、普段聞かない楽曲に出会えるところです。

 

3. 地図で検索・チャート

地図から他の人がどのような検索をしているのかを見ることができます。

またチャートでも同様に人気曲を見ることができるので自分の好みの曲に出会えるかも?!

 

4. 画像認識機能

いつのまにかShazamは音声認識だけでなく画像認識機能まで出来ていました。

ポスターや雑誌、QRコードを読み込むとそれに対応したコンテンツが得られるというものです。

私自身、身の回りに対応した画像がないのでこれ以上紹介できません@@;

まだまだ発展途上の機能ですが、今後に期待できる機能です。

詳細は以下の記事を参考してください。

jaykogami.com

 

 いかがでしょうか、Shazamを使ったことがない人でも簡単に始められるのでまずはアプリをダウンロードしてみるといいですよ。

街中を歩くのが楽しくなります。

最近では写真をシェアするインスタグラムが人気ですが、Shazamもそのうち人気に火がつくのかな〜?なんて思ったり。