空に向かって走る

ときどき英会話、ときどきTOEIC、ときどき便利なこと。思いついたことを書きためます。

【iPhone 】auを解約してmineoに乗り換えしてみた!手続きの流れと感想

iPhone

今までauで月々7,000円近い通信料がかかっていました。

よくよく考えると「これは高い!」ということで遂に格安SIMへ乗り換えを行いましたのでご報告します。

格安SIMはいろいろな種類があるので、必要なパケット量に従ってお好きな業者を選べば良いでしょう。

私は今回「mineo」にしました。

電話も使用可能なデュアルタイプの5Gのプランで2,190円!

次月5,000円もお得ってスゴく大きいです。

 auやdocomoで購入した機種の本体代金を払い終えて、しばらく格安SIMで運用すれば非常に安く運用が可能です。

次に機種変更する際にはSIMフリーの機種を購入して長い間使えば、トータルでは格安の運用となります。

最近ではスマホも安くていいのが発売されているので、無理にiPhoneを使い続ける必要もないのかな〜というのが正直なところです。

ASUSのSIMフリースマホであれば約3万円で本体が購入できます。

iPhoneの半額となると選択肢の1つになり得ます。 

f:id:upasan:20161225213209j:plain

さて、私が今使用している機種はauのiPhone6です。

ちょうど更新月に手続きをしたので、違約金は発生せず、MNP転出手数料の2,000円のみ発生しました。

au光を契約しているので、携帯もauにするとセット割りが適用されるのですが、それでも格安SIMへ移行したほうが圧倒的に安いです。

 

mineoに決めた理由

au, docomoからの転入が簡単

auまたはdocomoからmineoへ移転する場合、SIMロックを解除する必要がありません。

SIMロックの解除はキャリアに入っているときにしか出来ないので、あとあとのことを考えて解除しておくのもアリだと思います。

 

例えば海外旅行の際に、空港で入手できる現地のSIMを使用したいとか、よくよく本体を中古で売りたいといったことを視野に入れるのであれば断然解除をオススメします。

とはいえ、機種によってはSIMロック解除が出来ない端末もあるので確認要です。

SIMロック解除の可否判定 | auお客さまサポート

IMEIはiPhoneであれば「設定」→「一般」→「情報」から確認できます。

私のiPhone 6はロック解除不可でした@@;

通信速度が評価されている

私にとって格安SIMへ変更する場合、1番気になるのが「通信速度」でした。

大手キャリアと比べて速度が落ちるのは覚悟の上ですが、せめて格安SIMの中でも速いのを選びたいですよね。

いろいろなサイトで格安SIMの速度測定が紹介されています。

mobareco.jp

上のサイトでの調べではmineoUQmobileは他社を抜いて圧倒的に早いことが分かります。

他のサイトでも上の結果はほぼほぼ変わらずです。

それなら安心ということでmineoに決定!

 

mineoへの移行の流れ

エントリーパッケージを用意しよう

mineoに転入すると、まず初めに事務手数料3,240円がかかります。

それをお得にする方法が、Amazonで購入できるエントリーパッケージです。

f:id:upasan:20161225181633j:plain

エントリーパッケージはAmazonで891円で購入可能です。

購入するとエントリーコードが記載された用紙が送られてきます。

これがあると事務手数料が免除されるので、実質約2,000円を節約できます

エントリーパッケージはご自宅で手続きする際でも、店舗で手続きする際でも利用できるので、必ず購入しましょう。

 

知らない人はここでちょっと損をするので教えてあげましょう。

移行のタイミングに注意

auやdoomoでは利用料金に日割りが適用されません。

つまり、次の頭で切り替えてしまうと、キャリアと格安SIMの料金が請求されていまいます。

そのため、切り替えを行うのは断然月末がオススメです。

auの店員さんが教えてくれました!お別れなのに親切にありがとう! 

 

ただし注意するべき点が1つ!

 

ネットで格安SIMを申し込むと、SIMが届くまでに日数を要します。

4日〜1週間程度とのことです。混み具合に左右されます。

なので月末ギリギリで行うと、翌月になってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

私がそのパターンで25日に転入をしようとしたら、mineoから月内で間に合うか分からないとの回答でした@@;

 

しかし大丈夫!mineoは格安SIMでも珍しく店頭の窓口があります。

指定のヨドバシカメラやPCデポに行けば即日開通の手続きが可能です。

 

MNP予約番号を取得

実際に店頭へ行き、店員さんにmineoへの申込みを伝えました。

エントリーパッケージを持っている旨も伝えます。

その後、記入用紙に必要事項を記入します。

その際MNP予約番号が必要になるので、ここでキャリアへ電話して番号を取得しました。

事前に予約番号を取得しても良いのですが、MNP予約番号の有効期間が10日以上必要です。

予約番号は取得してから15日間しか有効期間がありませんので、早すぎると無効になる点には注意しましょう。

 

申し込み時には運転免許証などの本人確認書類と引き落としのクレジットカードが必要になりますので、お忘れなく。

 

切り替え作業

店頭で申し込みをしたので、ここは店員さんが行ってくれました。

切り替えには30分程度時間がかかるとのことでしたので、しばらく外出して暇つぶしをしました。

 その後SIMカードを受取り、申込みは終了です。

mineoへ切り替えが完了した時点で、自動でauは解約されるので解約手続きは不要です。

 

SIMカードをiPhoneへ差し込み、プロファイルを取得すれば晴れてmineoデビュー完了です!

SIMカードを取り出す際にクリップがあると便利です。

news.mynavi.jp

 待ち時間を含めると、混雑していたこともあって1時間かかりましたが、行った内容は非常に簡単でした。

当初はネットで申し込み、すべて自分で行う予定でしたが、エントリーパッケージを店頭でも使えるということもあり、店頭で手続きをして良かったです。

なんだかんだ即日開通は楽です!

 

 手続きを終えてみての感想

 実際に申し込む前は格安SIMはなんだか難しそうと思っていましたが、やってみると簡単だったというのが正直な感想です。

 どこの格安SIMにするか?を決めるのが1番悩みましたが、速度で絞り込むと候補は非常に少なかった気がします。

 

どこの格安SIMにも共通して言えるのが、料金プランが超シンプルなので分かりやすいです。

「通話のあり・なし」と「必要なギガ数」を選ぶだけですからね。

 

大手キャリは分割払いだとか、2年縛りだとか、非常に複雑で理解するのに一苦労です。その複雑さ故に知らずのうちに損をしている人も多いと思います。

 

そしてエントリーパッケージを上手につかえて満足です。

happy

 mineoにはパケットを分け合ったり、プレゼントできたり、通信速度を遅くすることで消費量を0に出来る機能など、盛りだくさんです。

まだ契約したばかりで、それぞれの使用感は分かりません。

感じたことがあればまた記事にしたいと思います。

そして「お昼時にどれだけ速度が低下するのか?」が楽しみです!

 

随時紹介キャンペーンを行っていて、1,000円のAmazonギフト券が貰えます。

mineo紹介キャンペーン|mineo(マイネオ)

よろしければどうぞお使い下さい。